やっと首都圏販売会が終了しました

10月中旬から続いてきた産直会が終わりました。


15,16日高円寺パル商店街 本宮市産直会

31,1日JR錦糸町駅前 福島県物産会

3,4日 相模女子大学 地域物産会  出店

7,8日 上尾市 本宮市産直会  出店


いつものように毎週首都圏での仕事に行き、地元から離れていました。

 高円寺パルはいつものようにリピーターの方がスタート時点から駆けつけて

くれて大いににぎあいました。


 錦糸町駅前は4回目の出店でここにも多くのリピーターの方が居てくれて

朝から来店してくれました。特に野菜は午前中に完売することができました。


 相模女子大は8回目の出店で神奈川県相模原市のお客さんが駆けつけて

くれました。5月まで出店していた相模大野駅の売店からのリピーターが多く朝から当社のブースだけに長蛇の列ができてしまうほどでした。


 上尾産業祭の本宮市物産会場に出店しました。特製メンチカツに行列ができるほどの売れ行きでした。8日は一日雨にたたられましたが当社にはお客様が来てくれて一日忙しく過ごすことができました。知り合いのかた(駅でホット市)が多く来店してくれました。


 10月からの秋祭り、産業祭、地域物産会などで各地に出かけ多くの皆さんにお世話になりました。本当にありがとうございました。遠い所から駆けつけてくれた皆さん、重い荷物をお買い求めてくれた方々、皆さん本当にありがとうございました。今まで各地で行っていた催事、お客様作りは良かったと自負しています。こういう催事のときに行列が出来ることはお客様を大切にしてきた当社の方針は間違っていなかったなぁとおもっています。


 10月4日の鷺沼秋祭りも非常に多くの方々が来店してくれました。昨年は雨降りで厳しい一日でしたが今年は2年分取り戻す事が出来るほどお客様で祭りが大いに盛り上がりました。


 今まで福島の物産については嫌悪感をお持ちの方が多くいました。しかし、首都圏の皆様の前4年半出ていますと商品に対する信頼感は非常に回復していると思われます。その反面首都圏の催事の出店要請は明らかに減少しています。復興道半ばの現在もう少し首都圏への出店をすべきなのかと思う今日この頃です。